ビザールなジャム

こんにちは、ヘゲシアです。
今日はわたくしの季節のジャム作り「すだち」

ワンデイ、秋の気配が頬をかすめた。
そうだ。収穫後、納屋に放置した「すだち」はどうしただろう?

私の庭にある、すだち。
オットー(・アホ)が柚子と間違えて接木したものだ。
当時はがっかりした私だが、案外無人市で売れたり、料理に添えたりできるので今は重宝している。

しかし、忙しさからうっかり放置プレイをしてしまった、すだち。
寒さのせいか、皮はうすい黄色に変質して、もう売り物にはならない。
もったいないので、搾り汁を冷凍、残りでジャムを作った。

友人が以前「ジャムを作ったら美味しかった」と言ったのを思い出したからだ。
彼女はいくつかのスパイスを組み合わせて作ったらしい。
私も心のおもむくままにぶちこむことにしよう。
大好きな、シナモンとスターアニスを投入。

できあがったジャムは・・・、不思議な味と外観と味(とにおい)になった。
不思議・・・、いや奇妙な、というのが相応しい味。
外観も中途半端にいれた皮がうっすら浮遊して、なにかの標本なのかしら?
と、目をこらす。
そんなジャムが大量にできた・・・秋。

e0241833_1429173.jpg

↑「・・・なにこれ?」といわんばかりのやえちゃんとビザールジャム

まあ、このような失敗を繰り返し、わたくしのジャム作りはまたひとつ前進(後進なのか?)するのでしょう。
しかし、これ・・・どうすんのさヘゲシア?
[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-10-29 14:37 | 豚のしっぽ ウサギの手 | Comments(4)

待たせたな!

こ、この味よ・・・。

きた、きた!やっときた!!
無農薬・極早生みかん、やっと本格的に収穫です。
e0241833_13573159.jpg

市場出荷のマルチみかんはとうに完熟して、皮も浮いてこようとゆうこの時期。
元気に作ったのと、10月の雨のなさ、あたたかさのおかげなのか、収穫予定日をすぎても味が今ひとつのってきませんでした。(一部を除いて)
なにしろ甘味はあるけど、酸抜けが悪いのです。

小心者のへげ妻、大丈夫・・・大丈夫と思いつつも、不安いっぱい。
えー、「果報は寝てまて」といいますが、・・・・寝れるかっ!!と、やきもき。

しかし、先日の木枯らし(寒さ)と、オットーが水やりをしてくれたおかげでやっと自信をもってお届けできるみかんがまとめてとれるようになりました。
みかんから、土方歳三(山本耕史)の名セリフ「待たせたな!」が聞こえるようです。

お待たせしていたお客様、大変申し訳ございません。
到着までいましばらくおまちくださいませ。
[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-10-28 09:36 | よたよた農作業 | Comments(2)

ネコまき寿司

朝晩冷えますが、日中晴天でポカポカしてます。
ニャンコ達、それぞれ好きな場所で昼寝。
やえちゃんのお気に入りは、垂れ下がったすだれと窓の間。
e0241833_10394531.jpg

e0241833_10402987.jpg

たしかにあったかそうねー。
ついその姿から巻き寿司を連想してしまうわ・・・。
だって、この娘ったら、まきすにのっけたご飯みたいじゃないですか!?
e0241833_10452813.jpg

ヘイおまち、猫スシやえ巻きーいっちょうあがり!!
・・・なんちゃって

るーちゃんは、廊下や玄関でぼたっと落ちてるみたいに寝てます。
[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-10-26 10:54 | 愛しいものども | Comments(4)

マコモづくし

今年は、もち米を作る用の小さな田んぼに「マコモ」を植えました。大豊作
「マコモ」はイネ科の作物で、味は甘、淡白でタケノコや白アスパラガスに似た食感。キノコ類にも似てる気がします。byオットー(黒穂菌という菌で肥大するので、なるほど、そうかもー。)
e0241833_844452.jpg

2-3日おきにどっさりとれるもんで、方々に配りまくりました。
それでも残るので、素焼きに天ぷら、朝、マコモスープ、昼マコモ・ペペロンチーノ、夜マーボー豆腐&マコモマコモマコモマコモーーー。
しかし、淡白&ローカロリーなので案外飽きないもんですよ。

そんなマコモちゃん、欲しい方はご連絡ください。(←飽きてるやん)
[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-10-23 08:46 | よたよた農作業 | Comments(2)

S課長のねじりはち巻

どーでもいい話です。

ので、読まなくていいんですよ。読まないほうがいいかもしれませんよ。時は金なりですよ。
・・・一応、警告はしましたからね!

e0241833_10581934.jpg

e0241833_10583827.jpg

県の農業の技術や普及につとめる機関にいらっしゃる、S課長。
勉強会や見学会などで、農協指導員と一緒に農家に説明や指導をされています。
果樹の知識は豊富で博識、さらになかなか腹黒い、いえ、シニカルな部分もあり、お話してとってもためになるわ、楽しいわというステキな方。
e0241833_1116192.jpg

でもね、お話するとき私の視線はどーしてもこっちにいっちゃうんですよ。
こっちに!
e0241833_11172217.jpg

それはそれは見事なねじりはち巻き。
その巻きっぷりと、均一性、太さ、厚み・・・見事だ!と嘆息を禁じえないのです。キングだ、キング・オブ・ねじりはち巻きだ!
研究者っぽく無頓着な服装なのに。ここだけ、ビッシーィイイとね。

はちまきって、微妙な産物でしょ?
細すぎたらソーラン節でソイヤソイヤだし、太すぎたり、ひらべったかったらターバンかよ、運動会かよ?ってなるじゃないですか。
そこが絶妙な感じなのっ!
自分の画力ではそこまで描ききれないのが、もどかしい!!!あー!

もちろん、ファッションとしてのねじりはち巻きじゃないのよ。
機能性もばっちりよ。だって、課長の顔に汗が垂れてるとこなんてみたことないもん。

そして、公務員、課長という固い肩書きにもかかわらず、ねじりはち巻きをかかさないS課長。通称・はち巻き課長。
・・・ウフフ、これが、漁師、農家だったら、ここまで食いつかなかったろうな。

お会いするときは、いつだってねじりはち巻き。
はち巻きなかったら、きっとわからない・・・。

ね、どーでもいい話だったでしょ?
[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-10-06 11:42 | 日常生活 | Comments(5)