<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

愛しのジュリエット

やえちゃん、7ヶ月がすぎてちょっぴり大人になりました。
大人、というか子供から少女へという感じです。
この時期のおんなのこって、なんて可憐で可愛いんだろう。

年頃になった娘がおめかしした姿をみて、
「ジュリエットのようだ。」
と讃えた友人の父の気持ちがよくわかりまっせ!!(常に気分は親父なのね)

今、やえちゃんに名前付けることになったら「ジュリエット」になるかもなぁ。えへへ
e0241833_9261652.jpg

やえちゃんのまっすぐな黒い尻尾が、ジュリエットのおさげ部分を連想させますの。

ちなみに数ある「ロミジュリ」の中では、亜弓さんのでもなく、デカプリオのでもなく、オリビア・ハッセーのが好きです。案外歳をへてからの方が、このお話の魅力に気づくものですね。
[PR]
by hegetare-tsuma | 2014-10-27 09:28 | 愛しいものども | Comments(3)

ゴキブリ大全

久しぶりの更新なのに、このタイトル・・・。すみません、苦手な方は読まないでくださいね☆

私は大抵の虫は大丈夫なんですが、こればっかりはどうにも苦手でして。
なぜ苦手なのだろう?
生理的嫌悪感はともかく、やつらに対する知識のなさが恐れを増幅させているのではなかろうか?とも考え、ハイ、図書館にて借りることにしました。

あと、私はマイナーなものに愛を人生を捧げる人達の著作が大好きです。
寄生虫博士、ダニ博士どちらの著作も愛にみちみちていて面白かったなあ。
この本の作者も然り。
自宅で5匹のマダカスカルゴキブリを飼育(うげげ)、名前をつけて娘ジュリアとともに慈しむ日々・・・。(奥さんはどうしたよ?)そして小物(マグネットとか・・・)、映画、書籍、切手にいたるコレクション。
この本も大全と銘打つからには、コンプリートでありたいと、生態から人間の文化における位置づけまで幅広く扱っています。図説も多い・・・。
そう、この図説が精密すぎてなかなかページが進まないんですよ!!
e0241833_1702518.jpg

次のページに図があったらどうしよう・・・と思うとハラハラドキドキ。ぺ、ページがめくれない!

いまもってパラ読み状態ですが、やつらがスーパーな存在であることがわかりまたよ。
お尻にも脳みそがあるんですってよ~!
・・・知れば知るほど恐ろしいわっ!

現在も極早生みかんとり中です。まだまだ続きます。
お留守番のふたり(るーちゃん、やえちゃん)も元気です。
[PR]
by hegetare-tsuma | 2014-10-21 16:48 | へげたれ文庫 | Comments(6)

パッション

人生でときどき露見する「自分の○○へのパッション(情熱」。

昨夕、みかんとりから帰ってきて畑で夕飯の材料をみつくろおうとしていたら、なにやらおかしい・・・。
あっ!さつまいものウネが荒らされている!!

先日試し堀りをして、そこそこ食べれるイモがあがってきたなーと、ホクホクしていたばかり。
さっそくケモノに狙われたようです。
足跡からみるに、今回はイノシシでなく、どうもタヌキがアナグマか・・・中動物っぽいですな。

最近は日暮れも早く、闇はすぐそこまでせまってきている。
闇の時間になれば、ケモノの思う壺だ。

そうはさせない!お前達にやるイモはうちにはないっ!!

へげ妻、鬼の勢いで鎌を振り回し、ツルをあらけ、素手で芋ほり。
手元をオットーに懐中電灯で照らしてもらいながら、必死で芋ほりをしました。
e0241833_9533488.jpg

なんていうんですかね、この情熱。
ガラスの仮面1巻で、マヤちゃんがお芝居のチケットほしさに真冬の海に飛び込むシーンがあるじゃないですか。ほんで、マヤ母が「たかが芝居のチケットで・・・。ねえ、お父さんこの子は一体どんな人生を送るんでしょうね。」ってドン引きしてたじゃないですか。
・・・・そんな感じです。(どんな感じだよ!?)

私あらかた掘りつくしたとき、「これでやっと、やっと干しイモができる・・・。」って半泣き笑いしてたら、オットードン引きしてましたねぇ。
「おかあ(へげ妻)の、イモへの愛をみたよ・・・。下手したらみかんよりも・・・。」

あらやだ!そんなことないわよ。
みかんでイモをたくと美味しいんだから。

台風前にみかん(極早生)とりしました。被害がないことを天に祈ります。
[PR]
by hegetare-tsuma | 2014-10-05 09:57 | よたよた農作業 | Comments(5)