カテゴリ:豚のしっぽ ウサギの手( 3 )

ビザールなジャム

こんにちは、ヘゲシアです。
今日はわたくしの季節のジャム作り「すだち」

ワンデイ、秋の気配が頬をかすめた。
そうだ。収穫後、納屋に放置した「すだち」はどうしただろう?

私の庭にある、すだち。
オットー(・アホ)が柚子と間違えて接木したものだ。
当時はがっかりした私だが、案外無人市で売れたり、料理に添えたりできるので今は重宝している。

しかし、忙しさからうっかり放置プレイをしてしまった、すだち。
寒さのせいか、皮はうすい黄色に変質して、もう売り物にはならない。
もったいないので、搾り汁を冷凍、残りでジャムを作った。

友人が以前「ジャムを作ったら美味しかった」と言ったのを思い出したからだ。
彼女はいくつかのスパイスを組み合わせて作ったらしい。
私も心のおもむくままにぶちこむことにしよう。
大好きな、シナモンとスターアニスを投入。

できあがったジャムは・・・、不思議な味と外観と味(とにおい)になった。
不思議・・・、いや奇妙な、というのが相応しい味。
外観も中途半端にいれた皮がうっすら浮遊して、なにかの標本なのかしら?
と、目をこらす。
そんなジャムが大量にできた・・・秋。

e0241833_1429173.jpg

↑「・・・なにこれ?」といわんばかりのやえちゃんとビザールジャム

まあ、このような失敗を繰り返し、わたくしのジャム作りはまたひとつ前進(後進なのか?)するのでしょう。
しかし、これ・・・どうすんのさヘゲシア?
[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-10-29 14:37 | 豚のしっぽ ウサギの手 | Comments(4)

ごんぶと農場

昨年、サトイモの葉に現れた「ごんぶと幼虫」=セスジスズメガの幼虫

そのビッグさ、太さ、模様の面白さに魅入られた私は、今年もヤツを観察しようと手を打っておいたのです。
ま、サトイモを外の流し横にほらくっておいただけですが。

そしたらばー、今年はキタキタ!タマゴきたんですねー
5.6匹ぐらいサトイモの葉にへばりついてました。
この「ごんぶと」は、最初は体長2センチぐらいのちいさな幼虫。
それが、葉をたべることによってモリモリ大きくなります。最終15センチぐらい、直径・・・うーん1センチ強!かな。
育つのを見るのはジャンルを問わず、楽しいもの!
嬉しくて盆にきた友人にもみせたら、その姿を「夜汽車みたい」と表現され、私も「おお!そうね、夜の町を走っているね!」とそんな光景を思い浮かべました。メルヘンだなー
e0241833_18455433.jpg

そのちいさな夜汽車は、友人が帰ったあとも、モリモリ食べて、モリモリウンコして
大きく・・・大きくなりました。
e0241833_18461281.jpg

大きくなったら、なんつーか5.6匹でもびっしり感がでて、正直キモいです。(かわいいとかいってたくせに)
観察には1匹で十分だったよな・・・と思っても後の祭り。
わわー、どうしよう。
でも最後まで見届けるしかあるまい!

(おまけ)
成長過程、こんな感じです
e0241833_18444222.jpg

e0241833_1845235.jpg

アンテナがあるほうが、おしりです。
[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-08-19 18:48 | 豚のしっぽ ウサギの手 | Comments(4)

ヘゲシアのハーブ便り

皆様こんにちは ヘゲシアからハーブのおたよりです。
e0241833_9194842.jpg

ハーブの力は、古くから消毒や殺菌効果などが謳われていますが、特に香りによる効果はすばらしいですね。
あらゆる臭い(天井裏のネズミ、猫トイレ、オットーの加齢臭、ヘゲシア古着(雑巾)臭などなど)に悩まされる、我が家にはなくてはならないものです。
お庭でも、ボーボー放置した、いえ、丹精こめたハーブ(ミント・ラベンダー・ローズマリー・レモングラス)がすくすくと育っていますわ。

今日はそんなたくさんのハーブを使って、ヘゲシアがあるものに挑戦したお話をお届けします。


ワン・デイ、私はグレゴリ青山さんの本でせっけんシャンプーの記述を読んだ。

私は若い頃、せっけんで髪を洗うことにチャレンジしたことがある。
e0241833_9201915.jpg

しかし、洗ったあとのゴワゴワ感がどうしてもイヤですぐに市販のシャンプーに戻ってしまった。

歳をへて、私の髪は白髪が増え、冬場は乾燥しがちでホワイト・スノウのような物体が肩に降り積もるようになった。
グレゴリさんは、やはり頭皮のかぶれからせっけんシャンプーをするようになったとあり、そしてゴワゴワ(ギシギシ)感をなくすために、ハーブを浸したお酢でリンスをしたとあった。

これはいい。
庭のハーブも刈り取れるしな。さっそく漬け込んでみた。
e0241833_9205581.jpg

e0241833_9211248.jpg

2週間後、試してみた。
e0241833_921294.jpg

ほんとにツルツルしっとり。
e0241833_9214330.jpg

なんとなく白髪もめだたないような気がする。
私は嬉しくて頭をふった。
そして、「ティモテ、ティモテ、ティモテ~♪」と往年のCMソングも唄った。
(昭和生まれの条件反射)


[PR]
by hegetare-tsuma | 2015-07-05 09:26 | 豚のしっぽ ウサギの手 | Comments(3)