カテゴリ:へげたれにまつわる話( 1 )

へげたれにまつわる話

その昔、新宮出身の「西村伊作」という快男児がいた。(東京の文化学院の創設者だそうです。)
という、ドキュメンタリーを昨年みましてね。
ありあまる財産(地主の孫)を使って、海外いって、当時珍しいバイク買ってのりまわし、これまた当時珍しい洋食屋開いたり(すぐ潰れた)、絵を描いたり、建築やったり、学校作ったりしたそうなんですね。ま、多才なヒトだったようで。

ただ、性格的には激情型っぽい、短気で頑固な印象を受けました。

●大逆事件で逮捕されたおじを救出するためにピストルもって上京。
●奥さんをハリで折檻(ひえー)
●娘が通う学校が気に入らん。⇒自分で作るぞ

そんなエピソードの中、怒った伊作氏が手紙で
「この、へげたれ!へげたれ!へげたれ!」
と友人を罵倒。
「へげたれ!」・・・なんでしょう?この言葉の響き。しかも3連チャンで言われちゃって。
おそらく、「このヘタレ野郎!」みたいなことだと思うのですが、何にせよインパクトありました。

で、わたくしも自分の怠惰をいましめる際などに心の中で呟いてみるのですよ。
「この、へげたれ!へげたれ!へげたれ!」
[PR]
by hegetare-tsuma | 2011-09-16 19:54 | へげたれにまつわる話 | Comments(4)