京の旋律

先日、墓参に岡山~京都に足を運びました。友人KとMとも合流。
どちらも都会、大都会でびっくりです。うーあー

京都はたまーに行くこともあるのですが、今回あらためて舞妓アタックと、はんなりアタック、エキゾチックジャパーンアタックを感じた次第です。
地下鉄で電車が入ってくると奏でられる和の旋律・・・。おお・・・こ、これがHANNARI?
そして改札でたむろしていた、和の集団。おお・・・おこしやすぅ?
e0241833_1817358.jpg

「なにあれ?なにあれ?」と騒ぐも地元民Kは素通り。
Mが「だから、あれ!あれだって!」とふっても、「え?なにが?」と見えてないご様子。
やはり、地元はマヒするんだなー。
そして、広告にやたらと舞妓が起用されていて、なんだか雑な感じがしましたね。
山に大の字書いて、舞妓描けば京都、みたいな。
がんばれ!アートディレクター!!
[PR]
Commented by ザキ at 2015-05-25 00:17 x
このやりとり、脳内ですんなり再現できた。イラスト見てニヤニヤしてしもうたw
by hegetare-tsuma | 2015-05-19 18:20 | 日常生活 | Comments(1)