あしたというものは・・・

みちゃった・・・、みちゃいました。
「あしたのジョー」実写版。

以下、わたくし、カガ照(香川照之)に負けないぐらい熱く語らせていただきますので、
「あしたのジョー」になんら思い入れのない方はお読みにならないでください。
うっとおしいと思いますので。

まず!
実写版キャスティングは、ご存知かと思いますが

矢吹丈:山下智久
力石徹:伊勢谷友介
白木葉子:かりな
丹下段平:香川照之

ジョー役の山下智久はもう、置いといて。

力石役の伊勢谷友介。これがあなた!よかったんですのよ~。
力石という男のプライドを感じさせてくれました。
ちょっと気持ち悪い、というのも原作に忠実かと(笑)

白木のお嬢様の香里奈・・・、訛っとるもん。
おじょーさまなのに、訛っとるもん!!なまっとっとよー!!
もうダメ。
ええい!誰だ、誰が白木のお嬢様にふさわしいのだ?
観ている間、必死にふさわしい女優をキャスティングしてました。
やはり、品がある・美人・勝気は必須条件として、いきなり金髪のカツラかぶって
踊りだしても大丈夫なヒト。(←原作でおじょーさまは、少年院の慰問で演劇もなさるので)
誰だろーね・・・。
私としては、松たかこさんなんていいんじゃないかと思ったんですけど~。
ちょっと年齢があわない?

実写版ということで、きっと公開時日本中でこんな論争があったことでしょう。

段平のカガ照。一人だけ、アニメから抜け出てきた男でした。
昔映画で、アニメと実写の合成がありましたが、あんな感じ。
ジョーと二人のアップになると、さらに顕著。
つーか、アップはだめだろう。笑うもん!泣き所でも!!

まあ、キャスティングについてはこんなとこですか。
さあ、次は映画全体のハナシだ。(まだまだ続きますよ?読んでるアナタ大丈夫?)

監督が「ピンポン」(漫画:松本大洋作)のヒトでしたので、なんともスタイリッシュ。
昭和なのに、スタイリッシュ。
ボクシングなのに、スタイリッシュ。

ボクシングシーンも、なんかゲームをみているようでした。
いやや、やっぱりねぇ、実際のボクシングがどうかは置いておいて
ジョーの世界ではもっと泥臭くあってほしい!!
だって、吼えろっ!かませ犬だもん!
リングの上で血を流し、汗とヘドにまみれ闘うんですよー。

きれいごではあしたはこない、これがジョーの世界なんじゃないんですか?

あと、漫画からすでにアニメ化されたものなので、ついつい
まちがい探しみたいに観てました。

Q:力石の墓の前にジョーが供えたものは?

タンポポ~☆ →・・・・じゃねえっ!!水だろ、水。ゆっくり飲めや~、力石。
        もう減量の心配はねえもんな、だろっ!!

Q:名セリフ「あしたというのは・・・」は誰がいったセリフ?

丹下段平~☆→・・・・じゃねえっ!!白木のお嬢様だ。くっくくく


まあ、あとこまごまと。基本テイストの違いが不幸のもとか。
でも、まあこれはこれで観れるんですよ。(フォロー)

はあ、こんなとき姉が側にいてくれたら。心ゆくまで語り合うのに。
思い起こせば、私を「あしたのジョー」の世界に引きずりこんだのは姉なのです。

e0241833_15255180.jpg

↑そんな姉が手作りエプロンとともにくれた、段平レター:エプロン編。
[PR]
Commented by ten at 2011-12-19 20:25 x
実写・・・別物だと思ってみる事にしよう。
かませ犬は、座敷犬といった風情か?
Commented by macchu at 2011-12-23 08:39 x
ワイルド7は!? ワイルド7はどうーするの?観るの?
瑛太のヒバちゃんどーするの!!??
Commented by hegetare-tsuma at 2011-12-23 09:57
フッ、犬ですらないですよ・・・。例えるならば、カンガルー?
Commented by hegetare-tsuma at 2011-12-23 09:59
ぎょぎょっ!あれは瑛太なのか!そりゃ、アイタ!(だ、ダジャレもでますわ。)
耳、邪魔じゃね?
by hegetare-tsuma | 2011-12-16 15:29 | 日常生活 | Comments(4)